FC2ブログ

住宅ローン連帯保証人がいない場合 - ○○するだけであなたも保険やローン・カードで得する最新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅ローン連帯保証人がいない場合

一般的には妻や家族を住宅ローン連帯保証人にするそうですが、住宅ローン連帯保証人になるためには審査に通らなければなりません。
住宅ローン連帯保証人は、主債務者が住宅ローンを返済できなかった場合に代わりに返済する人のことです。
しかし、主債務者は保証会社へそのお金を返済しなければならないのです。
住宅ローン連帯保証人の審査では、収入や年齢、それからカードローンの滞納や車のローンを組んでいるかなど、借り入れをする金融機関によって様々なチェックが入ります。
その結果、ご家族の方が住宅ローン連帯保証人になることができなかった場合、他の人に頼むことになります。
つまり、主債務者は保証料を支払って保証会社に住宅ローン連帯保証人になってもらい、万が一の場合は保証会社にローンの返済を立て替えてもらうという形になるのです。

誰を住宅ローン連帯保証人になってもらうかで悩んでいる方は、保証会社を利用してみてはいかがでしょう?
保証会社とは、住宅ローン連帯保証人の代わりをしてくれる会社のことです。
住宅ローンは何千万円もの借金になるわけですから、当然住宅ローン連帯保証人にもそれなりのリスクがあります。
主債務者の勤め先が倒産したり、病気になって支払い不可能になった場合、保証会社が代わりに返済してくれます。
ですから、保証会社へ住宅ローン連帯保証人を頼む際は、本当に信頼できる会社かどうかを見極めてからにしましょう。
スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
Copyright © ○○するだけであなたも保険やローン・カードで得する最新情報 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。