海外キャッシュサービスの手数料 - ○○するだけであなたも保険やローン・カードで得する最新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外キャッシュサービスの手数料

海外キャッシュサービスは、ATMで、簡単に海外で現地通貨を引き出すことできるので、とても重宝します。
Money Tカードも海外キャッシュサービスでは定評がありますが、ここでは発行手数料は無料で、年会費とて1,050円が必要です。
また、海外キャッシュサービスはクレジットカードと異なり、審査がないので、手続きも簡単で済みます。
利用するキャッシュカードにより、海外キャッシュサービスは手数料が多少違うので、事前のチェックが必要です。

海外キャッシュサービスは、利用する毎に手数料がかかるのが難点で、紛失や盗難に遭った時、海外でカードは再発行されません。
そして、1回の引き出し限度額は海外キャッシュサービスは、数千円~数万円程度になっています。
新生銀行の海外キャッシュサービスの発行手数料は無料で、出金手数料も無料になっています。

海外キャッシュサービスで人気がある楽天銀行は、カード発行手数料は無料ですが、年会費は1,000円必要です。
シティバンクカードの海外キャッシュサービスの発行手数料は無料で、出金手数料に210円かかります。
現地通貨を引き出せるので、海外キャッシュサービスの場合、両替の手間もかかりません。
スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
Copyright © ○○するだけであなたも保険やローン・カードで得する最新情報 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。